「団・DANS Exhibition No.5 真夏の夢 —椿山荘—」展

都心の日本庭園で咲く2週間の夏の夢

poster for

「団・DANS Exhibition No.5 真夏の夢 —椿山荘—」展

市ヶ谷、神楽坂エリアにある
椿山荘にて
このイベントは終了しました。 - (2009-08-16 - 2009-08-30)

In レビュー by Rei Kagami 2009-08-28

宴会場「ギャラクシー」の展示風景越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2009が熱い今年の夏。緑豊かな里山の大地に点在するアート作品を訪ねてまわるのが楽しい同イベントに夏休み中足を運んだ方も多いことだろう。照り返しの暑い東京都内でも、そんなわくわくした体験ができる展示が開催されている。それが、目白の「椿山荘」と「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京」で開催中の団・DANSによる展覧会「真夏の夢」だ。

宴会場「ペガサス」の展示風景団・DANSは2005年に発足したアーティスト・グループで、これまで、住宅展示場などで若手アーティストによる展示を企画・開催してきた。5回目の企画となる今回は、明治時代の元勲・山懸有朋の元屋敷として歴史ある椿山荘を舞台に、総勢46名のアーティストがこのプロジェクトに参加。

展覧会は、3人(組)のキュレーターによる、3つのパートで構成されている。1階ロビー、テラス、茶室と庭園は、篠原誠司と麻生和子による「-風が渡る路ー」というサブタイトルの展示だ。藤田勇哉、大野修平、沓名美和らの作品が観客を出迎える。また、彼らの展覧会は、作品を見終わった後に、展示されているすべての作品をサイレントオークションという方法で、欲しいと思った作品に応募し、手に入れられるチャンスもある。

「ギャラクシー」に展示されている山本麻矢の作品は、椿山荘という場所柄に合った、猫による「狐の嫁入り」会場エントランスからすぐにある宴会場「ペガサス」では、篠原誠司キュレーションによる「気づきの間」をテーマにした展示を見ることができる。徳丸鏡子による磁器の作品、「鯉の滝のぼり」をイメージした赤間千穂による鯉の形の靴によるインスタレーションなどの作品が、ホテルの調度品と並んできらびやかに展示されている。

宴会場「ギャラクシー」は、「庭の小道への旅」をテーマに、ジュリア・バーンズがキュレーション。椿の風船が浮かぶ北川純の作品を中心に、さとうかよ、岩岡純子らの作品が、一つ一つ強い個性で観客の足を止める。コインロッカーをテーマに制作をする小笹彰子の作品は、壁の収納棚の扉の隙間から鑑賞するというユニークな展示方法をとっている。

三重塔と溶け合った秋好恩の作品庭の池に浮かんだ北川純の作品「ジッパーⅢ」

木の間を浮遊する小林雅子の作品「記憶の残光」続いて外の景色につられて庭へ出ると、木の枝の間に揺れる情緒あふれる小林雅子の作品、中田ナオトのユーモラスな標識、茶室の中の大垣美穂子の作品など、広大な庭園に点在する作品を見つけながら、気づいたら一周しているという仕組みだ。

神父の元に誓いを立てる、岩井優と新婦オープニングの日には、参加アーティストの岩井優の結婚式が開かれた。それも、普通の結婚式ではない。「洗浄」をテーマにしたパフォーマンスをこれまで行ってきた岩井は、「Wedding wash 婚礼洗浄」と称して彼らの祝いの儀式そのものを作品として仕立て上げたのだ。この作品は、オープニング当日しか観られなかったため、ここでその模様を少々紹介する。結婚式は、夏の日照りも弱まり、少しずつ宵の帳が降りてきた椿山荘の庭園にある教会前の一角で執り行われた。

親族、友人、そしてオープニングに訪れた多くの観客に見守られて入場した新郎・新婦は、ゴミ袋で仕立てたタキシードとウエディングドレスをまとっている。神父による厳かな式の進行の後、二人が誓いの口づけをすると、なにやら神父がバケツを持ち上げる。そして、なんと、口づけをしている新郎・神父の頭から、石鹸水を被せたのだ。

洗剤の泡で二人の顔は泡だらけ。その後、初めての共同作業」ということで、ケーキカットではなく、岩井の創作活動のテーマである「洗浄」の儀式が始まった。大きな水槽が設置され水が張られると、新郎新婦が洗剤を存分に泡立てる。続いて、おもむろに背後の箱の中から、用意された食材を次々と取り出しては水槽に浸け、スポンジで丁寧に「洗浄」していく。

食材を潜在で洗うことすら非現実的な行為だが、このとき洗浄されたものは、ネギ、リンゴ、缶ビール、ステーキ肉、鶏肉、フランスパンなどなど、「洗う」という行為とは現実的に結びつかないありとあらゆる種類に及ぶ。当然ながらフランスパンは、洗浄後は水を含んですっかりふにゃふにゃ。

マクドナルドの袋まで出て来るが、二人は中から取り出したフライドポテトとハンバーガーを、躊躇なく水に入れ、スポンジでこする。新郎の岩井は、洗剤水に浸けられたビール缶を開けて飲んでみせたり、洗剤水を吸い込んだハンバーガーにかぶりつくなどの行為も披露し、観客は新しい食材が取り出されるたびに歓声や笑い声を上げて、徐々に盛り上がっていった。

「洗浄」中の新婚カップル。「めでたい」の鯛も水槽の中で洗浄。最後には岩井が水槽に頭を突っ込み、その長い頭髪を新婦が「洗浄」し、共同作業の儀式を締めくくる。そして新郎新婦は、その場に居合わせたみんなで祝福して見送られ、辺りには洗剤の匂いを漂わせ、退場していった。

一歩足を踏み入れただけで瀟酒な雰囲気に包まれる椿山荘で、「ここにいますよ」と作品たちが語りかけてくるような、楽しい展覧会ができあがった。ホワイトキューブとも呼ばれる、無機質な白い壁に囲まれた美術館やギャラリーでの作品鑑賞は非日常的な体験である。だからこそ、日常生活では得がたい刺激や気づきがあるということもあるだろう。同様に、ゴージャスな壁、ふかふかのカーペットなど、ホテルならではの空間でのアートの鑑賞は、ホワイトキューブでの展示に親しんでいる人にも新鮮に写るだろう。

何よりも特筆したいのは、キュレーターと共に作家達自身が自らの手でつくりあげ、そして運営もしている展示であることだ。フォーシーズンズホテル内のギャラリーでも、団・DANSによる小作品の展覧会が行われているので、こちらもお見逃しなく。(文中敬称略)

Rei Kagami

Rei Kagami. Full time art lover. Regular gallery goer and art geek. On-demand guided art tour & art market report. アートラバー/アートオタク。オンデマンド・アートガイド&アートマーケットレポートもやっています。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use