ビデオインタビュー モニラ・アルカディリ「The Tragedy of Self」

何故貴方は神になりたいのか

poster for Nobuhiko Terasawa + Monira Al Qadiri + Tomohisa Ishizuka Exhibition

寺澤伸彦 + モニラ・アルカディリ + 石塚智寿 展

千代田エリアにある
トーキョーアーツアンドスペース本郷にて
このイベントは終了しました。 - (2009-11-28 - 2009-12-20)

In Main Article 2 TAB ビデオ インタビュー by Tetsuomi Sukeda 2010-02-26

セネガル生まれの若手作家モニラ・アルカディリの個展「The Tragedy of Self」が東京都が運営するオルタナティブスペーストーキョーワンダーサイト本郷で開催された。

この個展は同じく東京都が開催する公募「トーキョーワンダーウォール」の入選者100人から選抜された19人に個展を行わせるプロジェクト「TWS-Emerging」の一つである。

《The Tragedy of Self(シリーズ3)》写真、金箔、アクリル 120 x 130cm、 2009年

展示の様子とビデオインタビュー(6分47秒)

会場の中に入ると中性的な肖像の宗教画が薄暗い中に並べられている。話を聞くと全て作者のセルフポートレートなのだそうだ。

《The Tragedy of Self (シリーズ1)》写真、金箔、アクリル 75 x 75cm、 2009年

《The Tragedy of Self (シリーズ4)》写真、金箔、アクリル、各 60 x 40cm、 2009年

森村泰昌氏の模倣ともとれる作風だが、話を聞くとコンセプトも作品の性質も違うことに気付かされる。

なぜ男性なのかというと、この作品の基本的なコンセプトはナルシシズムで、私にとってのナルシシズムは非常に男性的なナルシシズム。私が育ったアラビアの社会の中では男性はリーダー的な存在で、女性は目に見えないところにいて、自分も社会に出て偉い人になりたいという願望を、男性的なイメージとして持って、中世的な感覚をここで出したかった。(中略)多少皮肉めいたコンセプトではあります。(ビデオインタビュー後半)

生まれ育った男性中心の祖国への違和感、衝動があるからこそ他によく見かける”私的な作品”に留まることがなかったのだろう。一切社会に目を向けず、只々自己の世界にのめり込んでいく(ように感じる)”若手作家の個展”を多く観てうんざりしていたせいか、他者・社会の皮肉が混ざったこの展覧会は非常に新鮮だった。

Tetsuomi Sukeda

Tetsuomi Sukeda. 東京都生まれ。ニュース番組ディレクターを経て2010年よりインターネットを主としたアート番組制作・配信「Newwavech」の所属記者として活動中。 現在は商業芸術のあり方・現代美術のゴシップに関心。アートにまつわる情報提供(ニュース・ゴシップ含む)はsukeda[at]gmail.comまで。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use