『ハーブ&ドロシー』続編、クラウドファンディングで1400万円の資金調達に成功!

【Art Beat News】調達資金額と支援者数は国内のクラウドファンディングサービスに投稿されたプロジェクトとしては過去最高記録。

In Art Beat News by Art Beat News 2013-02-20

昨年の11月に紹介した、ドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー』の続編がクラウドファンディングプラットフォーム「モーションギャラリー」で1000万円の資金調達を目指していた件で、続報が入った。

2月13日の時点で、目標金額の1000万円を大幅に上回る1400万円が集まったという。コレクターと呼ばれる支援者の人数は870人以上(2月20日0時時点)。この調達資金額と支援者数は国内のクラウドファンディングサービスに投稿されたプロジェクトとしては過去最高記録(※購入型として)。資金調達は2月末日まで残されており、現在も記録更新中だという。

この件について、監督の佐々木芽生氏は以下のようにコメントしている。

「1000万円というとてつもない目標金額を達成できるかどうかは、ぎりぎりまで全くの未知数でした。最後、1000人を越えるサポーターの皆さんのパッションと愛に支えられて、目標額を大きく越えた1400万円という高額のファンディングに成功できたのは、奇蹟に近いことです。“日本には寄付文化はないから難しいだろう”と何度も言われましたが、そんなことは決してない。日本には、困っている人に手を差し伸べ、共感する作家やプロジェクトに、お金を出して支援したいという心を持つ人が大勢います。今回のクラウドファンディングの成功は、その表れだと思います。しかし、私たちの挑戦は、まだ始まったばかりです。クラウドファンディングの難しさは、お金を集めることより、その後のフォローです。支援して下さった方々にどれだけ満足して頂けるかが、今回のファンディングが本当の意味で成功したかどうかを決めると思っています。」

■関連リンク
モーションギャラリー内「ハーブ&ドロシー」続編のページ
Art Beat News:『ハーブ&ドロシー』続編が1000万円を目標に資金援助を呼びかけ

執筆:岡徳之(tadashiku

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use