多摩美術大学に2014年度から新学科設立!

【Art Beat News】豪華教授陣が名を連ねる統合デザイン学科、演劇舞踏デザイン学科が設立!

In Art Beat News by Art Beat News 2013-05-28

「夜の多摩美」として20年以上親しまれてきた多摩美術大学造形表現学部が一新。上野毛キャンパスに新たな学科が2014年度春から誕生する。ひとつは美術学部統合デザイン学科。往来のジャンル区分を超え、横断的なデザインを学ぶ場の創設を目指す。注目の教授陣は豪華クリエイターが勢揃い。プロダクトデザイナーの深澤直人をはじめ、アートディレクターの永井一史や佐野研二郎、インターフェースデザイナーの中村勇吾などさまざま。一方、もうひとつ新設される演劇舞踏デザイン学科では、「演劇舞踏コース」と「劇場美術デザインコース」に分かれ、新たな舞台芸術の担い手を養成する。教授陣は劇作家・演出家の野田秀樹、舞踏家の勅使河原三郎、舞台美術家の金井勇一郎らが名を連ねる。

生まれ変わる多摩美術大学上野毛キャンパスで、新たなクリエイティブの現場が創造されることだろう。
深澤直人 中村勇吾

詳細は公式ウェブサイトにて
多摩美術大学 美術学部新学科

Text: Arina Tsukada

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use