5000匹の金魚が舞い踊る! 「涼しさ」と「日本の美」が体感できる『アートアクアリウム 2013』開催

【Art Beat News】週末にはお酒を飲みながら豪華アーティストのライブやDJパフォーマンスも

In Art Beat News by Art Beat News 2013-07-10

水中アートの展覧会『ECO EDO 日本橋 ダイナースクラブ アートアクアリウム 2013 〜江戸・金魚の涼〜』が、7月13日から9月23日まで日本橋三井ホールにて開催される。

ダイナースクラブ アートアクアリム展(2012)

今年のテーマは「江戸・金魚の涼」。江戸時代に花開き、日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、和をモチーフに光と映像で演出された水槽の中で、珍しい品種も含めた約5000匹の金魚が舞い踊る。

目玉は、京都の伝統工芸品“京友禅”の最高峰の着物を水槽に埋め込み、生きた本物の金魚と3Dプロジェクションマッピングで、着物の柄を表現する「キモノリウム」。この他にも、今回演出を手がけるアートアクアリウムプロデューサー 木村英智氏の代表作である、約1000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢「花魁(Oiran)」の流れを組む本邦初公開となる作品も登場するという。

新作「キモノリウム」作品イメージCG

さらに期間中は、毎日19時から同会場で「ナイトアクアリウム」も開催。獺祭(だっさい)などの日本酒からビール、オリジナルカクテルなどが提供され、週末には豪華アーティストのライブやDJパフォーマンスが行われる。

入場料は、当日料金が大人1000円、子供(小学生以下)600円、3歳以下無料。現在、期間限定の早割チケットが、全国セブン-イレブンのセブンチケットにて発売中。詳しくは公式ウェブサイトまで。

■関連リンク
アートアクアリウム公式ウェブサイト

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use