中村勇吾氏、佐藤卓氏ら豪華製作チームによる「ほぼ日手帳」のプロモーションビデオが公開

「スラスラ」「ぬりぬり」などの擬音が印象的

In Art Beat News by Art Beat News 2013-10-22

コピーライターの糸井重里氏が主宰する東京糸井重里事務所は、「ほぼ日手帳」2014年版のプロモーションビデオを公開した。

製作には、中村勇吾氏、ミュージシャンの坂本美雨氏、アートディレクターの佐藤卓氏らが参加。また、実際の「ほぼ日手帳」ユーザーも出演している。

ほぼ日手帳/ Hobonichi Planner 2014

この映像制作の背景について公式ウェブサイトでは、「1日1ページ、糸かがり製本、バタフライストッパー、たくさんのカバー、昨年度48万部の販売実績・・・・。いろんなことばで説明するより、『つかってたのしい!』のが「ほぼ日手帳」のいちばんの特徴。『そういうたのしい動画をつくってもらえませんか?』とインターフェイスデザイナーの中村勇吾さんにお願い」したことが明かされている。

「スラスラ」「ぬりぬり」などの擬音が印象的なプロモーションビデオ。映像の中では、その日食べた食事を絵にしたり、ペットの写真をコラージュして楽しむなど、いろんな手帳の楽しみ方が紹介されている。

「ほぼ日手帳」を楽しむユーザーの様子

2014年版のほぼ日手帳は、全4タイプ、95種類。「ほぼ日手帳」WEB SHOPやロフトなどの店舗で販売されている。

■関連リンク
「ほぼ日刊イトイ新聞」内の告知ページ

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use