坂本龍一のがん治療による活動休止で「札幌国際芸術祭2014」がプログラムを一部中止・変更

【Art Beat News】芸術祭の公式ホームページで「みなさまへ」と題したコメントを発表

In Art Beat News by Art Beat News 2014-07-15

ミュージシャンの坂本龍一氏が中咽頭がんの治療に専念するため年内の活動を休止することになった。それを受け、同氏がゲストディレクターを務める「札幌国際芸術祭2014」の実行委員会は10日、坂本氏の各プログラム、コンサートへの出演を見合わせることを発表した。尚、プログラムの一部中止・変更はあるが、芸術祭自体は予定通り開催される。

坂本氏は同芸術祭の公式ホームページにて、「みなさまへ」と題して次のようにコメントを発表している。

10545109_882598921753522_93486144_n

坂本氏は引き続き総監修の立場で芸術祭に携わるが、これまでのところ9月27日に開催予定であった「Alva Noto + Ryuichi Sakamoto │ S&S」については中止が決定したため、すでにチケットの購入者への代金の払い戻しが行われている。その他参加を予定していたプログラムについては、代役を当てるなどして実施する予定とのこと。

芸術祭実行委員会は「引き続き坂本ゲストディレクターの総監修のもと、スタッフ一同、一丸となって準備を進めてまいりますので、ぜひご期待いただければ幸いです」としている。

札幌国際芸術祭2014公式ホームページ内の告知ページ

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use