中身が透けて見える、吉岡徳仁氏デザインのauスマートフォンが発売

【Art Beat News】搭載される「Firefox OS」のオープン性と未来感を表現

In Art Beat News by Art Beat News 2015-01-28

KDDIは、国内通信事業者として初めて、モバイルプラットフォーム「Firefox OS」を搭載したスマートフォン「Fx0」を2014年12月25日より発売した。
そのプロダクトデザインを、世界的に著名なデザイナーである吉岡徳仁氏が担当。Firefox OSのオープン性と未来感を表現した。

デザインでもっとも特徴的なのは、透明なポリカーボネート越しに、端末の内部にあるパーツが見えること。そのほか、ホームボタンにはFirefoxロゴが配置され、前面・背面のいたるところに商品名「Fx0」が描かれている。

■ウェブサイト
TOKUJIN YOSHIOKA Inc.

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use