金沢21世紀美術館10周年を記念して「ゲリラレストラン」開催

【Art Beat News】感情や感覚を表現するテイストを提供、 「北陸新幹線」開業日に合わせ

In Art Beat News by Art Beat News 2015-02-27

2014年で開館10周年を迎えた金沢21世紀美術館。同美術館は、これを来訪するファンとともに祝うプログラム「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」を昨年から開催している。
同プログラムは、「あじわい」や「味覚」をテーマに据え、実際に口に入れてあじわえるユニークで多彩な企画を展開するもの。あらたな「食」の価値を提案する諏訪綾子が主宰するフードクリエイションと、<驚異の部屋>をつくりだす東京大学総合研究博物館が中心となって行っている。

2014年10月に金沢21世紀美術館「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム/好奇心の祝宴」展で行われたゲリラレストラン 撮影: Hiraku Ikeda

このプログラムの一環として、同美術館のある金沢市にとって大きな転換点となる北陸新幹線開業日の3月14日と、その翌日の3月15日の2日間に渡って、金沢の食を象徴する場である近江町市場にゲリラレストランが出現する。
同プログラム内で過去に行われたゲリラレストランでは、感情や感覚を表現するテイストを誰でもあじわえることをコンセプトとし、着席で一口サイズの”感情のテイストフルコース”や、立席で1、2品のテイスティングが振る舞われた。

フードクリエイションを主宰する諏訪綾子は1976年石川県羽咋市生まれ。金沢美術工芸大学卒業後、2006年より「そのコンセプト 胃まで届けます」のキャッチフレーズで新たな食の価値を提案するフードクリエイションの活動を開始。2008年に金沢21世紀美術館デザインギャラリーで「食欲のデザイン展 感覚であじわう感情のテイスト」を開催するなど、国内外で活躍してきた。

■開催概要
日時:2015年3月14日(土) 13:00 / 16:00 / 19:00
   2015年3月15日(日) 13:00 / 16:00
会場:近江町いちば館広場
料金:3,000円(事前申込・当日精算 ※満席です)
定員:各回11名
主催:金沢21世紀美術館 [公益財団法人金沢芸術創造財団]、近江町市場商店街振興組合

「ゲリラレストラン」告知ページ
http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=27&d=1852

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use