スイスのバッグブランド「FREITAG」がデザインコンテストを開催

【Art Beat News】創業者らが審査員、トラックのタープ2面分のデザインを募集

In Art Beat News Main Article 3 by Art Beat News 2015-03-23

トラックの幌を再生したバッグで知られるブランド「FREITAG(フライターグ)」が、デザインコンテスト「DESIGN-A-TRUCK-CONTEST 2015」を開催する。

デザインする対象は、40平方メートル大のトラックのタープ(防水布)2面分で、作品は運送業者「PLANZER(プランザー)」が所有するトラックに取り付けられ、そのトラックはヨーロッパの野外美術館である道路を約5年間走る。さらにその後、フライターグのバッグとして販売される。

審査員は、フライターグ創業者のマーカス&ダニエル・フライターグ兄弟、フライターグのプロダクトデザイナーやバッグデザイナー、プランザーのトラック運転手などが務める。最終選考で40が残り、5月にその中から最優秀作品が選ばれる。最優秀者には賞金2000ユーロが贈られ、タープが取り付けられるセレモニーに招待される。応募期限は2015年4月30日。

コンテストの告知ページ(英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語)
http://www.freitag.ch/designatruck

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use