TABレポ:21_21 DESIGN SIGHT「動きのカガク」展 フォトレポート!

動きの表現と、科学、デザインの関連をカタチにする!

poster for Motion Science

「動きのカガク展」

六本木、乃木坂エリアにある
21_21 DESIGN SIGHTにて
このイベントは終了しました。 - (2015-06-19 - 2015-09-27)

In Main Article 1 フォトレポート by Xin Tahara 2015-06-29

六本木の21_21 DESIGN SIGHTで「動きのカガク」展が開催中!
展覧会ディレクターには、企業CMや大河ドラマのオープニング映像などで国内外から注目を集める菱川勢一を迎え、作家や学生、企業との協働による多彩な「動く」作品を展示しています。

《リフレクション・イン・ザ・スカルプチャー》
生永麻衣+安住仁史 2015年

《ロスト #13》
クワクボリョウタ 2015年

《統治の丘》
ユークリッド(佐藤雅彦+桐山孝司) 2015年

#21_21DESIGNSIGHT #MotionScience #HillofReign #Euclid #動きのカガク展

Tokyo Art Beatさん(@tokyoartbeat)が投稿した動画 –

《水玉であそぶ》
アトリエオモヤ 2015年

#21_21DESIGNSIGHT #MotionScience #PANTOGRAPH #Zoetrope #動きのカガク展

Tokyo Art Beatさん(@tokyoartbeat)が投稿した動画 –


パンタグラフの《森のゾートロープ》は、手元の器具を鑑賞者がかざし、「ゾートロープ(回転のぞき絵)」を簡単に観ることができる一方、《ストロボの雨をあるく》では、オリジナルデザインの傘をストロボが焚かれる空間内で一定の速度で回すことで、ゾートロープを自身の動きで体感する。

《124のdcモーター、コットンボール、53×53×53センチのダンボール箱》
ジモウン 2015年

《セミセンスレス・ドローイング・モジュールズ #2(SDM2) - レターズ》
菅野 創+やんツー 2015年

菅野 創+やんツー

《レイヤー・オブ・エア》
沼倉真理 2015年

#21_21DESIGNSIGHT #MotionScience #RyotaKuwakubo #LOST13 #SenselessDrawingBot #SoKanno #yang02 #動きのカガク展

Tokyo Art Beatさん(@tokyoartbeat)が投稿した動画 –

動きを体感するだけでなく、つくることについても同時に考えさせる展示、会期中ワークショップも多数開催!
夏休みの混雑前にぜひ自身の「動き」で体感を。

■「動きのカガク展」概要
会期:2015年6月19日(金)〜 9月27日(日)
休館日:火曜日(9月22日は開館)
開館時間:10:00 〜 19:00(入場は18:30まで)
入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料(*15名以上は各料金から200円割引、*障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料)
ウェブサイト:http://www.2121designsight.jp/program/motion_science/

展覧会ディレクター:菱川勢一
企画協力:ドミニク・チェン
学術協力:桐山孝司
制作協力:ドローイングアンドマニュアル
展覧会グラフィック:古平正義
照明デザイン:海藤春樹
会場構成協力:宮崎晃吉(HAGI STUDIO)
参加作家:アトリエオモヤ、生永麻衣+安住仁史、菅野 創+やんツー、岸 遼、クワクボリョウタ、小井 仁(博報堂アイ・スタジオ/HACKist)、佐藤雅彦+ユーフラテス、ジモウン、鈴木太朗、ナリタタツヤ、パンタグラフ、ニルズ・フェルカー、藤元翔平、沼倉真理、ユークリッド(佐藤雅彦+桐山孝司)
参加団体:NTTコミュニケーション科学基礎研究所、東北工業大学、メルセデス・ベンツ日本株式会社

Xin Tahara

Xin Tahara. 北海道函館市生まれ。Tokyo Art Beat PR・セールス、ソーシャルメディア、ニュースの編集も。都内を中心に自転車でアートスペース巡りが趣味。写真と料理と多肉植物も。 ≫ 他の記事

コメント

東京のアートシーンで何が起きているか、ニュース、レビュー、インタビューなど日英バイリンガルでライターの声を通じてお届けしています。

Instagram

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use