「アートフェア東京2016」開催概要が発表

【Art Beat News】開催日程が3月から5月に変更。会場メンテナンスの影響で

In Art Beat News by Art Beat News 2015-10-01

今年約5万5千人が来場し、来年で11回目の開催となる「アートフェア東京」の概要が発表された。

一般会期は2016年5月12日(木) 〜 5月14日(土)までの3日間。会場は例年と同じ東京国際フォーラム・展示ホール。入場料は1DAYパスポートが2000円で発売予定。例年は3月に開催されていたが、会場である東京国際フォーラムのメンテナンスの都合により、今回のみ5月中旬の開催となる。

9月28日で一般出展の申込受付を終了し、10月5日より企画展ギャラリーの募集を開始する。出展ギャラリーなどは随時公表される予定だ。

アートフェア東京2015の様子

主催する一般社団法人アート東京は、開催に向け「世界的なアートマーケットが活況の中、アートマーケットの拡充のみならず、アートによる多方面への展開を目指し、創造力を活性化しながら日本の力に変えていきたい」と意気込む。

開催概要は以下のとおり。

アートフェア東京2016 開催概要
■名称:アートフェア東京2016 (英語表記:ART FAIR TOKYO 2016)
■主催:一般社団法人 アート東京 / テレビ東京
■企画:アートフェア東京2016実行委員会

■開催日程:2016年5月11日(水) 〜 5月14日(土)  4日間
 <ファーストチョイス(特別内覧会)&オープニングプレビュー>
 5月11日(水) ファーストチョイス 16:00 〜 18:00
 オープニングプレビュー 18:00 〜 21:00
 プレスプレビュー 16:00 〜 21:00
 ※ファーストチョイス及びオープニング/プレスプレビューはご招待状をお持ちの方のみ
<一般会期>
 5月12日(木)14:00 〜 21:00  特別先行入場 11:00
 5月13日(金)12:00 〜 21:00  特別先行入場 11:00
 5月14日(土)10:30 〜 17:00
   ※全日入場は終了30分前まで

■会場:東京国際フォーラム ホールE及びロビーギャラリー (東京都千代田区丸の内3-5-1)
■入場料
当日:1-DAYパスポート 2,500円(税込)/ 3-DAYパスポート4,500円(税込)
 
前売:1-DAYパスポート 2,000円(税込)/ 3-DAYパスポート4,000円(税込)

■後援
日本経済新聞社/J-WAVE
外務省/経済産業省/文化庁/観光庁
日本赤十字社
アルゼンチン共和国大使館/オーストラリア大使館/ブラジル大使館/ブリティッシュ・カウンシル/スペイン大使館/在日フランス大使館-アンスティチュ・フランセ日本/ドイツ連邦共和国大使館/インドネシア共和国大使館/駐日イタリア大使館/駐日韓国大使館 韓国文化院/ミャンマー連邦共和国大使館/オランダ王国大使館/ノルウェー王国大使館/フィリピン共和国大使館/ロシア連邦大使館、ロシア連邦交流庁/シンガポール共和国大使館/スロヴァキア共和国大使館/アメリカ合衆国大使館/金沢市/富山市

■協賛:ドイツ銀行グループ/寺田倉庫/株式会社三井住友銀行/株式会社モリモト/キヤノンマーケティングジャパン株式会社
■メインパートナーホテル:パークホテル東京
■パートナーエアライン:全日本空輸株式会社
■コーポレートパートナー:メルセデス・ベンツ日本株式会社/公益財団法人 ポーラ美術振興財団
■プログラムパートナー:特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

■協力
レス&モア オーダーメイド洋服/朝日酒造株式会社/アークヒルズクラブ/六本木ヒルズクラブ/
 the ART foundation/一時画伯/株式会社アルファコーポレーション/株式会社モトックス/ポンデザール
■特別協力美術館:出光美術館/東京都現代美術館/戸栗美術館/ポーラ美術館/三菱一号館美術館/森美術館/横浜美術館
■パートナーホテル:ザ・プリンス パークタワー東京/庭のホテル東京/ホテルニューオータニ
■運営:aTOKYO株式会社

4月14日 現在

アートフェア東京2016 公式ウェブサイト
http://artfairtokyo.com

執筆:赤江龍介、編集協力:岡徳之

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use