ブリヂストン美術館 新築工事の着工を開始

改築後のオープンは2019年秋を予定

In Art Beat News by Art Beat News 2016-07-20

公益財団法人石橋財団 ブリヂストン美術館は、2019年秋に完成予定の新美術館建設に着工したと発表した。

新しいブリヂストン美術館は、旧美術館の約2倍の面積をもつ展示空間になり、印象派や抽象絵画、日本近代洋画、日本古美術など2500点以上を数える石橋財団のコレクションが公開される予定だ。

(仮称) 永坂産業京橋ビル ビル外観(イメージ) ©株式会社日建設計

新ブリヂストン美術館 外観イメージ

ブリヂストン美術館は、株式会社ブリヂストンの創業者・石橋正二郎の個人コレクションを公開するため、1952年1月に京橋のブリヂストン本社ビルの2階にオープン。東京で初めて西洋絵画を展示する美術館として、60年以上にわたり東京・京橋において東西の名画にふれあう機会を提供してきた。

現在では、京橋一丁目東地区の都市計画によるビル新築に伴い、昨年5月から長期休館をしている。同計画は芸術・文化の発信や銀座から日本橋へとつながるにぎわいを創出することを目的に、永坂産業と戸田建設が共同で実施している。

新ブリヂストン美術館 3F受付イメージ

新ブリヂストン美術館 展示室イメージ

ブリヂストン美術館は、新美術館開館後、京橋一丁目の再開発における芸術と文化の拠点として、地域の発展に貢献していく。

■詳細
オープン日:2019年秋 (予定)
場所:(仮称) 永坂産業京橋ビル内
住所:東京都中央区京橋1-10-1
延床面積:約6,650平方メートル
施設構成:
1F エントランスロビー、ミュージアムカフェ / 2F ミュージアムショップ / 3F 受付、多目的ホール / 4F〜6F 展示室(面積約 2,100平方メートル)
※掲載パースはすべて計画段階のものであり、今後変更の可能性あり

http://www.bridgestone-museum.gr.jp/

執筆:赤江龍介
編集:岡徳之

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use