渋谷パルコが休業前最後の10日間にイベント連発!メモリアルパレードや小沢健二、森山大道らの展示も開催

トークショーやライブ、シブカル祭、Nick Walkerの公開壁画制作のほか、映画のワンコイン上映などイベント盛りだくさん

In Art Beat News by Art Beat News 2016-07-28

Photo by Daido Moriyama ©Daido Moriyama Photo Foundation

1973年のオープン以来、都市生活者に向けたライフスタイルの提案やエンタテインメントを通じた文化的な情報発信を行ってきた渋谷PARCO。ビルの建替えに伴う一時休業前の最後の10日間である7月29日(金)〜8月7日(日)の期間中、「Last Dance_」をテーマに11のイベントを開催する。

渋谷PARCOはオープン以来、単なるウェアを買うためのショッピングの場としてだけではなく、渋谷の中心街に建つ立地の特徴を活かし、若者を中心とした時代を象徴するストリートカルチャー形成の中核を担っていた。イベントの翌8月8日(月)から一時休業し、計画では高さ約110メートルの新築ビルに一体開発、次世代グローバルショッピングセンターとして2019年秋にリューアルオープンする予定だ。

メモリアルパレード

8月7日の最終日には、渋谷に思い出のある人々と共に公園通りを歩き、渋谷の街や通りの魅力を再発見するメモリアルパレード「渋谷公園通りメモリアルパレード〜みんなで歩こう渋谷公園通り〜」を行う。同イベントに先立ち、特設サイト(http://parade.parco.jp)ではオンライン上でパレード動画を作成できるコラボアプリが公開されている。
過去にパルコが無料アプリ立ち上げ時のサポートをしたことでもゆかりの深いchappie(チャッピー)のアイコンを作成できる。参加者が渋谷で遊んでいた頃の年代を選択したあとアイコンを作成し、SNSへのシェアやダウンロードをして楽しむことができる。

パルコミュージアム最後の展覧会「Last Dance_」

1981年のパルコパート3のオープンと同時に誕生し、カルチャーの枠にとらわれず、国内外の熱気あふれるアートシーンの流れを紹介してきたパルコミュージアムでは、その最後の一幕として、「Last Dance_」(ラストダンス)をテーマにした展覧会を開催する。12組の豪華アーティスト達をむかえ、絵画、グラフィック、ポスター、立体、写真、映像、音楽、衣装、エッセイなどの幅広いジャンルの作品を展示する。
参加アーティストは、伊藤桂司/井上嗣也/小沢健二/佐藤可士和/しりあがり寿/寺山修司/東京スカパラダイスオーケストラ/日比野克彦/森山大道/HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE/TOMATO/Ground Y [YOHJI YAMAMOTO INC.](※日英50音順)。

会期中には日比野克彦×しりあがり寿によるトークショーや、イラストレーターの安齋肇、漫画家の朝倉世界一ら9名によって構成されるOBANDOS(オバンドス)のライブパフォーマンスも行われる。

なお、パルコミュージアムは渋谷PARCOの一時休業に伴い、9月1日に池袋PARCOにてリニューアルオープンする。移転後初の展覧会第一弾として、安野モヨコの大規模個展の開催が決定している。

シブカル〈夏〉祭。2016〜レッツ・ラスト・ダンス〜も同時開催

2011年より毎年開催してきた女性アーティストによるイベント「シブカル祭」。
休業前の10日間は「シブカル〈夏〉祭。」を、10月は渋谷クラブクアトロをメイン会場に、渋谷の街全体へとシブカル色が染み出していく「シブカル〈秋〉祭。」を開催する。
キュンチョメ、マコ・プリンシパル、Colliuらによるイベント・展示のほか、クロダミサト、須藤絢乃ら女子写真家5人が「渋谷」をテーマに写真作品を撮り下ろす。また、愛☆まどんなとLyは巨大壁画の制作に挑む。

グラフィティアーティストNick Walkerの国内最大個展も

ステンシルアートのパイオニアであり、Banksyと並ぶ人気を誇るグラフィティアーティストのNick Walker(ニック・ウォーカー)が、パルコパート3・5Fの特設会場にて、日本国内では過去最大級となる個展「VANDALISM」を開催する。
さらに、これまでに数々のウォールペイントを行ってきた歴史あるパルコの外壁に、巨大な壁画のライブペインティングを行う。

Last Dance メイン画像

また、パルコパート3の8階にあるシネクイントでは、同館のオープニング作品にあたるヴィンセント・ギャロ監督・主演の「バッファロー‘66」と、パルコ出資作品「下妻物語」を8月6日(土)、7日(日)の2日間のみ、ワンコインの500円で特別上映する。

さらに現パルコ劇場最後のステージとして、1990年から四半世紀わたり読み継がれてきた朗読劇の金字塔『ラヴ・レターズ』を、BRAHMANのTOSHI-LOW&大空祐飛、柄本時生&前田敦子などの豪華キャストによって上演する。

そのほかにも、ヨウジヤマモト社のコンセプトショップ「GroundY(グラウンド ワイ)」やシアタープロダクツのセール、渋谷PARCOの43年分の歴史が分かるアーカイブゾーンとクリエイターズメッセージ、TOKYO FMスペイン坂スタジオやソーシャルTV局「2.5D」、「渋谷のラジオ」の特別イベントも行われる。また、店内店舗ではMAX80%の最終売り尽くしセール「ザ・閉店セール!」も合わせて開催されるなど、最後にふさわしい盛りだくさんの内容となっている。

■渋谷PARCO 最後の10日間
渋谷PARCO「Last Dance_」 〜「じゃあね」のかわりに、みんなで踊れ〜
渋谷PARCOザ・閉店セール
日時:2016年7月29日(金)〜8月7日(日)

【イベントラインナップ】
1)渋谷公園通りメモリアルパレード〜みんなで歩こう渋谷公園通り〜
2)パルコミュージアム SHIBUYA PARCO FINAL EXHIBITION 2016「SHIBUYA,Last Dance_」
3)パルコ劇場 ラヴ・レターズ
4)シブカル<夏>祭。2016〜レッツ・ラスト・ダンス〜
5)渋谷PARCO 縁の深い東京デザイナーズブランドによるPOP UP SHOP登場!
6)渋谷PARCOのアーカイブコーナー&縁の深い方々からのメッセージを展示
7)渋谷ポップカルチャーゾーン「シブポップ」でも限定商品&スペシャルイベント開催!
8)シネクイント 特別上映
9)TOKYO FM スペイン坂スタジオスペシャルイベント
10)渋谷 PARCO×渋谷のラジオ
11)その他関連イベント

Last Dance_特設サイト(PC・SP)
http://shibuya.parco.jp/lastdance_/

Text: Kyo Yoshida

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use