2017年はスペシャルイヤー!「ドクメンタ」「ヴェネチア・ビエンナーレ」「ミュンスター彫刻プロジェクト」が同時開催

「ドクメンタ 14」はカッセル、アテネの二都市で開催。「ミュンスター彫刻プロジェクト」は2007年以来10年ぶり

In Art Beat News Main Article 1 by natsuki_morooka 2017-01-13

2017年は現代アートファンは要注目の年になりそうだ。世界最大規模の現代アートの祭典の一つである「ドクメンタ」と、同じくその一つである「ヴェネチア・ビエンナーレ」、加えて10年に一度開催される「ミュンスター彫刻プロジェクト」が同じ年に開催されるスペシャルイヤーだ。

ヴェネチア・ビエンナーレとは
イタリア北東部に位置するヴェネチアで1895年から2年に一度開催されている、現代美術の国際美術展覧会。2017年に開催される第57回には、フランス館代表にグザヴィエ・ヴェイヤン、アメリカ館代表にマーク・ブラッドフォードらが選出されている。
また日本館代表には、アーティストの岩崎貴宏、キュレーターの鷲田めるろが選ばれた。日本館代表についてのニュースはこちらを参照。

ヴェネチアの様子。「水の都」と名高い街中には大小問わず多くの運河が巡る

「第55回ヴェネチア・ビエンナーレ」アメリカ館代表であるサラ・ジーの作品

ドクメンタとは
ドイツ中部の都市カッセルで5年に一度開催される、世界最大規模の現代アートの祭典。「ヴェネチア・ビエンナーレ」とともに、最新の現代美術の動向を知る上で、指針の一つとなるイベントだ。
今年で14回目を迎え、アーティスティックディレクターにはクンストハレ・バーゼルのディレクター兼チーフキュレーターであるアダム・シムジックが任命された。また、「ドクメンタ 14」はカッセル、アテネの二都市で開催。スポンサー企業の一つであるエーゲ航空は、4月よりカッセルーアテネ直通のフライトを週2回提供する予定だ。

「ドクメンタ13」の会場である、ドイツのカールスアウエ公園内で撮影されたピエール・ユイグの 《Untilled》

ミュンスター彫刻プロジェクトとは
1977年から、ドイツ北西部の都市ミュンスターで10年に一度開催されている彫刻展。「ヴェネチア・ビエンナーレ」や「ドクメンタ」のような規模の大きさはないが、招待されたアーティストは街の歴史や風景などリサーチを丁寧に行い作品を制作するため、イベント自体の質の高さが魅力だ。
5回目を迎える今年は、シカゴ生まれのアーティスト、マイケル・スミスが参加。前回と今回の参加アーティストによるデザインの中から、ミュンスターの高齢者たちに選んでもらい入れ墨をする予定だ。参加している他のアーティストもおもしろい取り組みを準備している。

「第55回ヴェネチア・ビエンナーレ」で特別表彰を受賞した日本館

2017年はアートファンにとって見逃せない一年なのは間違いなさそうだ。計画を立て、可能なら3つのイベント全てをまわることをお勧めしたい。

■ドクメンタ14
公式ホームページ(英語): http://d14.documenta.de/
全体会期: 2017年4月8日(土)~9月17日(土)
会期(アテネ): 2017年4月8日(土)~7月16日(土)
会期(カッセル): 2017年6月10日(土)~9月17日(日)

■第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展
公式ホームページ(英語): http://www.labiennale.org/en/art/
会期:2017年5月13日(土)~11月26日(日)

■第5回ミュンスター彫刻プロジェクト
公式ホームページ(ドイツ語、英語あり): http://www.skulptur-projekte.de
会期:2017年6月10日(土)~10月1日(日)

Natsuki Morooka

Natsuki Morooka. 福岡県生まれ。2015年5月よりTokyo Art Beatで「ミューぽん」担当に。美術館を中心にPRコンサルタント。アートブックやTokyo Art Mapの編集にも携わってます。アイス大好き! ≫ 他の記事

コメント

東京のアートシーンで何が起きているか、ニュース、レビュー、インタビューなど日英バイリンガルでライターの声を通じてお届けしています。

Instagram

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use