歌川広重の「名所江戸百景」特装版が銀座 蔦屋書店にて限定販売

200冊限定、TSUTAYA BIG BOOKプロジェクトの第三弾

In Art Beat News by Art Beat News 2017-09-25

蔦屋書店の大型アートブックを独自出版する「TSUTAYA BIG BOOKプロジェクト」。その第三弾として、浮世絵ファンはもちろん、広く一般に人気のある浮世絵の名作、歌川広重(1797-1858)の「名所江戸百景」が9月28日(木)に発刊される。発刊部数は200冊限定。銀座 蔦屋書店のみで販売される。

本書は、安政3〜5年に制作され、今から約160年前の江戸の町の風景を生き生きと再現した作品全120枚(二代目歌川広重の作品1点、ならびに目録を含む)で構成される。浮世絵専門の美術館として名高い太田記念美術館が所蔵する、保存状態の優れた初摺を収録した永久保存版。同美術館学芸員の解説とともに、広重の描き出した江戸の風景を堪能できる。特装版の特典として、収録の全120枚の中から好きな複製原画が同封される。

現在、蔦屋書店のオンラインショップ、T-SITE SHOPPINGにて予約受付中。

■概要
『特装版 広重 名所江戸百景』
出版社:美術出版社
監修:太田記念美術館
価格:¥108,000(税込¥116,640)
発売日:2017年9月28日
仕様:銀座 蔦屋書店200冊限定シリアル番号入/B4判/200ページ/日英併記/複製原画/複製原画ケース/ボックス(布張り、金箔押し)
ウェブサイト:https://store.tsite.jp/item-detail/art/11345.html

執筆:中井千尋 編集:岡徳之(Livit)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use