作田 知樹

作田 知樹

先端の映像・アート・科学領域を扱うミュージアム、イベント事務局、民間非営利シンクタンク等に勤務する傍ら、これらの領域をめぐる制度や法・政策について、現場の運営と個人の創造性への影響、人材育成の視点からの研究をしています。2004年、弁護士らと共に表現/芸術活動を支援する法律家NPO"Arts and Law"を設立、代表理事を務めています。行政書士。武蔵野美術大学、京都精華大学非常勤講師。早稲田大学第一文学部、一橋大学ロースクール中退。東京芸術大学美術学部先端芸術表現科卒業。東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学専攻文化経営学専門分野修了。武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科、同大教養文化研究室非常勤講師。京都精華大学芸術学部非常勤講師。『クリエイターのためのアートマネジメント』著者。記事内容は所属先組織の見解を述べたものではありません。

記事の一覧

東京のアートシーンで何が起きているか、ニュース、レビュー、インタビューなど日英バイリンガルでライターの声を通じてお届けしています

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use