旧平櫛田中邸

上野、谷中エリアにあるその他

poster for 旧平櫛田中邸

明治・大正・昭和の近代木彫を発展させた彫刻家・平櫛田中の旧居宅。大正当時のアトリエ付住宅の姿を現代に伝えてくれます。大正8年、横山大観、下村観山、木村武山ら、日本美術院の画家たちの支援により建てられました。日中安定した自然光を得るため北向の天窓を備えた近代アトリエ建築の先駆けです。大正11年には傍らに伝統的日本家屋を建て、家族とともに小平に転居する昭和45年まで暮らしました。その後、旧アトリエ・住宅は故郷の井原市に寄贈され、現在は通常非公開ですが、井原市の協力の元、平櫛田中先生の顕彰と建物維持、新たな芸術文化の育成・発信を願って、地域やNPO、東京芸大等の有志により掃除・修繕と公開活動が折々おこなわれています。

開催中・今後のイベント

現在、イベントの詳細情報はございません。情報をお持ちの方は、こちらまでお送りください。

» このアートスペースの過去イベントのリスト

ミュージアムショップ無し駐車場無しレストラン・カフェ無し図書館無しバリアフリーではない

開館時間


イベントにより異なる

入場料

イベントにより異なる

アクセス

〒110-0002 東京都台東区上野桜木2-20-3

JR鶯谷駅北口より徒歩10分、JR日暮里駅南口より徒歩10分、JR上野駅公園口より徒歩20分、東京メトロ千代田線根津駅1番出口より徒歩15分

Google map

このイベントに行かれる際には、Tokyo Art Beatで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use