弥生美術館

上野、谷中エリアにある美術館

poster for 弥生美術館

弥生美術館は、昭和59年(1984)6月1日に、弁護士・鹿野琢見によって創設されました。
昭和4年、9歳の鹿野少年は、当時一世を風靡していた挿絵画家・高畠華宵が描いた一枚の絵「さらば故郷!」と出会い、深い感銘を受けました。

36年後の昭和40年春、ある雑誌の記事で、華宵が明石の愛老園にいることを知った鹿野は、幼い日の感動を手紙に綴って送りました。これをきっかけに、二人の親交が始まり、鹿野は自宅に「華宵の間」をつくり、華宵は何度も上京しました。「華宵の会」の発足、上野松坂屋での展覧会など再び脚光を浴びた華宵でしたが、翌年78歳でこの世を去りました。

少年時代の一枚の絵との出会い……。鹿野にとっては、少年の日の感動は、まさに永遠といえるものでした。華宵の著作権を得た鹿野は、華宵の死から18年後、華宵のコレクションを公開すべく念願の弥生美術館創設を果たしました。

開催中・今後のイベント

» このアートスペースの過去イベントのリスト

ミュージアムショップ有り駐車場無しレストラン・カフェ有り図書館無しバリアフリーではない

取り扱い作家/収蔵作家

高畠華宵

開館時間

10:00から17:00まで
月曜休館

入場料

一般 900円、大学生・高校生 800円、小学生・中学生 400円

アクセス

〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-3
電話: 03-5689-0462

地下鉄千代田線根津駅より徒歩7分

Google map

このイベントに行かれる際には、Tokyo Art Beatで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use