横山大観記念館

上野、谷中エリアにある美術館

poster for 横山大観記念館

日本画家、横山大観(1868~1958)が住居であったこの建物に住みはじめたのは、明治42年(1909)です。最初は狭かった敷地も、大観が画家として名をなすにしたがい拡張され、大正8年に現在の広さとなりました。昭和20年(1945)の空襲で住居が焼失したため、大観はしばらく熱海伊豆山の別荘に移り住みます。昭和29年(1954)、焼失した住居の土台をそのまま利用して新居が再建され、大観は再び池之端で生活をはじめます。昭和33年(1958)に90歳で没するまで、ここで数多くの作品を制作しました。
静子夫人没後、遺族から大観の作品や習作、遺品、画稿、スケッチ帳などの寄贈をうけて、財団法人横山大観記念館が設立・一般公開されました。当館は、心の安らぎを感じられる美術館をモットーとし、できるかぎり建物の雰囲気をいかし、軸装の作品はそのまま床の間にかけて展示しています。また、靴を脱いで入る日本建築の良さ、大観がこだわった細部のデザインも存分に楽しむことができます。

開催中・今後のイベント

ミュージアムショップ無し駐車場無しレストラン・カフェ無し図書館無しバリアフリー

取り扱い作家/収蔵作家

横山大観、菱田春草

開館時間

10:00から16:00まで
月曜・火曜・水曜休館

入場料

一般 550円、小学生以下 200円

アクセス

〒110-0008 東京都台東区池之端1-4-24
電話: 03-3821-1017 ファックス: 03-3821-1057

地下鉄湯島駅より徒歩7分

Google map

このイベントに行かれる際には、Tokyo Art Beatで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use