村内美術館

武蔵野、多摩エリアにある美術館

poster for 村内美術館

村内美術館は、㈱村内ファニチャーアクセス会長、村内道昌の蒐集してきた西洋絵画を展示、公開するために、1982年11月に開館いたしました。地域社会への貢献の想いとともに、村内道昌がかつて訪れたパリの小さな美術館、ギュスターヴ・モロー美術館のアットホームな雰囲気をお手本とし、小さくても中身の濃い、何度でも訪れたくなるような美術館に、との考えが込められています。1995年3月に現在の新館に移転し、より多くの作品を展示できるようになりました。展示室にはバルビゾン派を中心に、印象派とその周辺の画家たちの作品を約140点常設展示しております。最初のコレクションは、バルビゾン派のディアズ・ド・ラ・ペニャ作「マルグリット(ひな菊占い)」です。1976年、この花占いをする可憐な少女の絵を手に入れたのを機に、村内道昌のバルビゾン派への関心は高まり、研究を重ね、以来ミレー、コロー、クールベなどの19世紀自然派の作品を蒐集していきます。その後、ドガ、ルノワール、ピサロなどの印象派の作品を蒐集する機会にも恵まれ、19世紀フランスの絵画史を代表する画家たちのコレクションが形成されていきました。

開催中・今後のイベント

» このアートスペースの過去イベントのリスト

ミュージアムショップ有り駐車場有りレストラン・カフェ有り図書館無しバリアフリーではない

ホームページ

http://www.murauchi.net/museum/

開館時間

10:30から18:00まで
水曜休館

入場料

一般 300円、大学生・高校生 200円、中学生・小学生 100円

アクセス

〒192-0012東京都八王子市左入町787
電話: 042-691-6301 ファックス: 042-692-1644

JR八王子駅北口より無料送迎バス(八王子駅前郵便局(東急スクエア1階)前より)

Google map

このイベントに行かれる際には、Tokyo Art Beatで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use