メルシャン軽井沢美術館

関東:その他エリアにある 美術館

1994年12月、メルシャン株式会社は創立60周年を迎えました。
これを機に、文化・教育の振興と発展に微力ながら寄与できればと思い、1995年に開館したのが「メルシャン軽井沢美術館」です。
良質の水、澄み切った大気、清らかなミスト(霧)...ウイスキー造りに欠かせない3条件のそろった浅間高原のふもと、メルシャン株式会社は、この地で、昭和30年(1955年)から国産ウイスキー造りを続けてきました。
当館は、同ウイスキー蒸留所の樽貯蔵庫群を、ルーヴル美術館の展示室などを手がけたフランスの建築家ジャン=ミシェル・ヴィルモットの設計により改修され誕生しました。蒸留所独特の佇まいと永い年月をかけて育まれた白樺やカラマツなどの木々を継承しつつ、1つの村=ヴィラージュのように再編成された空間です。
施設内には、フランス国立美術館連合(RMN)等との提携により、毎年、春~秋にかけて、フランスを中心としたヨーロッパの近・現代美術を心行くまでお楽しみいただける美術館棟、熟練した職人たちによって、現在もモルトウイスキー造りが続けられているウイスキー蒸留所、ウイスキー&ワインの試飲をはじめメルシャンが手がける酒類の中でも選び抜かれた350アイテムの酒類を取り扱うメルシャンプラザ、フランスの美術館でしか入手できなかったミュージアムグッズや画材などを販売するミュージアムショップ棟、レストラン、カフェ...などが点在しています。
ご来場いただいたすべてのお客様にゆったりとした時間と空間をお楽しみいただけるよう、スタッフ一同心がけております。

注意 - スペース閉館

閉館したか、もしくはTokyo Art Beatに掲載するようなイベント・展覧会が現在行われていないスペースです。このスペースに関する新たな情報などをお持ちの方はこちらまでお知らせください。

過去イベントのリスト

» このアートスペースの過去イベントのリスト

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use