ハッピーアワー

Gallery 5610

poster for ハッピーアワー

このイベントは終了しました。

それぞれのフィールドで活躍されている三人。
同じ学校を出たわけでもなく、同じ先生の門をくぐったわけでもないのになぜこの三人なのか?「以前、三人とも資生堂に勤めていた」とご存じの方もいらっしゃるでしょうが、実はほとんど一緒に仕事をしたことがなかったそうです。では、三人の交友の面からではどうっだったかといいますと、1970年ごろは一緒によく相撲を見に行き、そのあとは銀座の小料理屋で一杯やる。ということがお決まりだったそうで、その時の酒のカウンターの上で「この三人で個展をやろうじゃないか」という話になったそうです。
タイトルは"happy hour"。外国ではバーなどでの夕刻の早い時間のひととき、食べものや、つまみなどを用意してお客にサービスする時間帯があるそうです。三人にとって「ハッピーアワー」でもあるので、そういう意味もふくめています。今回の展覧会では、初の3人によるコラボレーション作品をはじめ、新作30点余りを展示いたします。どんな展覧会になりますかどうぞお楽しみに。
また、会期中には3人によるギャラリートークも予定しております。こちらもお楽しみに。

メディア

スケジュール

2004年09月17日 ~ 2004年10月08日

アーティスト

仲條正義水野卓史土屋耕一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use