ハンガリーの建築タイル紀行展 - ジョルナイ工房の輝き -

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for ハンガリーの建築タイル紀行展 - ジョルナイ工房の輝き -

このイベントは終了しました。

1853年、ハンガリー南部の古都ペーチュで創業した陶磁器工房、ジョルナイ。セラミックに魅せられたジョルナイ・ファミリーはそれぞれの才能と高度な技術によって、半世紀の間に、今なお続くハンガリーのやきもの文化を築き上げました。
寒さに強く、色鮮やかで、光沢を放つジョルナイの建築セラミックは、世紀末の輝かしいハンガリー建築を支え、レヒネル・エデン、ライタ・ベーラら多くの建築家たちの作品を美しく飾りました。一世紀あまりの時を経た今もハンガリーの街並みを艶やかに彩っています。
本展では、ジョルナイ工房の歴史を辿りながら、かれらがつくりあげてきた建築セラミックの技術や意匠を、ハンガリーの建築芸術が凝縮し、街全体が世界遺産であるブダペストと、タイルが生まれた街ペーチュを中心にご紹介します。

メディア

スケジュール

2005年01月06日 ~ 2005年02月19日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use