館蔵 日本画の素描

武蔵野美術大学 美術館・図書館

poster for 館蔵 日本画の素描

このイベントは終了しました。

これまで3回にわたり開催した「館蔵 日本画—本画と下図—」のシリーズとは趣を変えて当館所蔵の日本画の素描作品をご覧いただきます。数百点の素描作品中から、江戸初期の狩野安信、明治・大正期の平福百穂らと、本学の前身帝国美術学校にかかわった金原省吾、川崎小虎、奥村土牛ほか、本学で教鞭をとった教授陣を中心に、13作家42作品を選びました。「素描」の世界からは、いわゆる「本画」がもつ厳しさや、華やかさとは違って、作家の生々しい力量や、率直な味わいが感じられます。多くの皆さまに当館所蔵の作品を鑑賞していただく機会になれば幸いです。

メディア

スケジュール

2004年09月16日 ~ 2004年10月02日 17:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use