奇想の庭

山本現代

poster for 奇想の庭

このイベントは終了しました。

この冬、山本現代では「奇想の庭」と題し妖気な作品たちを集めたグループ展を行います。
西尾康之による新作油絵、小谷元彦の写真作品と当ギャラリー初公開のヘルマン・ニッチの写真、コラージュ作品をご紹介いたします。
作家はそもそもが「奇想」の持ち主であり、またその作品は「奇想」の賜物でございますが、そのなかから特に際立って、現代の問題意識を孕みつつ妖艶なヴィジョンを持つ作家たちの作品をご紹介する試みです。
小谷元彦は先般森美術館「ストーリー・テラーズ」展で発表いたしましたヴィデオ作品に関する写真作品、西尾康之はすべて新作の油彩画---街を悪気なく破壊する「正義」の象徴・ジャイアンティス、及び本展覧会のタイトルにインスピレーションを受けた「庭」---を発表いたします。
また当ギャラリー初紹介、来年秋に個展を予定しておりますヘルマン・ニッチの1971年代の作品 ---写真とコラージュ---をご紹介いたします。皆様ご存知のことと思いますが、ニッチはウィーン・アクショニスムスの巨匠であり、現在でも儀礼的パフォーマンスを続けている希有な作家です。

メディア

スケジュール

2005年12月13日 ~ 2006年02月10日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use