日韓友情年2005 韓国リアリズム映画の開拓者 兪賢穆監督特集

東京国立近代美術館フィルムセンター

このイベントは終了しました。

「日韓友情年2005」を記念して、申相玉(シン・サンオク)、金綺泳(キム・ギヨン)らとともに韓国映画の第一次黄金期を牽引し、韓国映画史でも最重要人物のひとりである兪賢穆(ユ・ヒョンモク)監督(1925~)の12作品を日本語字幕つきで上映します。
1956年、『交叉路』でデビューした兪監督は、若くして発表した代表作『誤発弾』(1961年)など、朝鮮戦争休戦後の荒廃した韓国社会を容赦なく描いたリアリズムの演出家として認められました。やがてその重厚なタッチと流麗な演出は、兪監督に“芸術映画の巨匠”の称号を冠することになります。李氏朝鮮の時代から日本占領期まで、四姉妹の悲劇の半生を綴った年代記『金薬局の娘たち』(1963年)は、その頂点と言える作品でしょう。また純粋さゆえ異端に走った若き宗教者の殺人事件をめぐるミステリー巨篇『人間の子』(1980年)にも強靭な人間凝視の姿勢が息づいています。その才能は喜劇にも及び、孤島の子どもたちのやんちゃなソウル旅行を暖かく見守る児童映画『修学旅行』(1969年)などの秀作を残しました。

メディア

スケジュール

2005年12月06日 ~ 2005年12月25日

アーティスト

兪賢穆

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use