レオノール・フィニ 展

Bunkamura ザ・ミュージアム

このイベントは終了しました。

絵を描き、空間を遊び、舞台を演出し、自身をもプロデュースした、パリ社交界のカリスマ、レオノール・フィニ(1907〜1996年)。年齢も明かさず、猫たちと謎に包まれた生活を送った、この女性芸術家の創造世界には、その猫を描いたものや多くの作品に通低する“エロティシズム”など独特の個性があります。
1907年アルゼンチン生まれ。黒い瞳に黒い髪、エキゾチックな美貌と強烈な魅力をもつフィニは、異色な女性シュルレアリスム画家としてパリで鮮烈なデビューを果たします。ときの詩人や芸術家、バタイユやエルンストらとも親交を結び、1935年以降、パリ、ロンドン、ニューヨークで絵画展、書物の挿絵、パリ・オペラ座「Le Palais de Cristal」などの舞台装置、バレエや映画の衣装、小道具、はては宝石のデザインまで手がけ、幅広い分野でその才能を発揮しました。また、作家としても活躍する傍ら、パリ社交界のカリスマとして、連日連夜、自身がデザインをした衣装や仮面をまとって舞踏会に現れました。こうした女性プロデューサー的な側面は、当時、様々な芸術家たちに刺激を与えています。
当時のパリでは、フィニをカリスマと崇めながらも、その過激な特異性ゆえにタブー視することもあり、彼女の全貌にスポットがあたる機会は多くありませんでしたが、その創造性、生き方は21世紀の自立した現代女性にこそ受け入れられる魅力を持っています。
本展では、絵画を中心に、写真、衣装(パリ・オペラ座所蔵)、映像など約100作品を通じて、フィニの世界観を表現するとともに、20世紀を駆け抜けた一人の女性の強く美しい生き方を見つめ直します。

メディア

スケジュール

2005年06月18日 ~ 2005年07月31日

アーティスト

レオノール・フィニ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use