サイモン・モーレイ「ウイルス」

タグチファインアート

poster for サイモン・モーレイ「ウイルス」

このイベントは終了しました。

あるテクストに含まれる文字を、もとの配置をずらしてキャンバスの上に散りばめて描く作品「文字の絵画(ウイルスのシリーズ)」、歴史上の人物の署名を拡大して壁に直接描く「署名ペインティング」、展覧会で使用される作品キャプション(ラベル)を肉筆で描いた「ラベル・ペインティング」、本の表紙あるいはタイトル・ページをキャンバスに描く「ブック・ペインティング」、実際に使用された絵葉書をキャンバスに描いた「ポストカード・ペインティング」、墓石の写真と単語とを組み合わせた作品、詩の一節を人々に発音させ、彼らの口元をクローズアップしてスローモーションで再現したヴィデオ作品、ユートピア・プレスという名で自ら出版する書籍など、彼の仕事は常に言葉とイメージとの関係をモチーフに展開しています。
今回は、A. ヒトラーの「退廃芸術論」とS. ベケットの「名付け得ぬもの」を出典とした旧作3点と、日本の小説の翻訳版を出典としてあらたに制作された新作3点を展示致します。旧作3点は作家がこれまで手元に置いてきたこのシリーズ初期の作品です。新作では、前回のタグチファインアートでの展示で提出された、異文化間での共鳴という共通したテーマを違った角度から検討しています。

メディア

スケジュール

2005年09月10日 ~ 2005年10月22日

アーティスト

サイモン・モーレイ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use