宮本武典 展 「私とわたしの万華鏡」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 宮本武典 展 「私とわたしの万華鏡」

このイベントは終了しました。

宮本さんの作品は、同じ写真を鏡面のように、上下や左右に2枚合わせてひとつの光景をつくる写真です。「Anonymous(匿名)」シリーズでは、バンコク日本人学校の生徒が、緑の森のような背景の前に制服姿で二人写っています。画面全体が黄昏のような黄金色に包まれ、合成ポートレートと知りながらも一卵性双生児と錯覚するほどひとりひとりが存在感を持ち、神秘的で不思議な雰囲気に満ちています。少年の外見、互いに話し出しそうな、同じ意志や気持ちを抱えているような内面までが感じられるリアルな作品です。
「Antipodes(地球上の正反対の側にある二つの地点)」シリーズでは、植物、家、風景をモチーフとして、線対称に二対ずつ構成した作品を制作します。フィルターの黄金色に包まれた画面には、建売住宅のようにそっくりなニ件の家や、墓地のように並ぶ十字架、切り開かれたような同じかたちの犬が写っています。一見非現実的な光景でありながら、デジャ・ヴュのように感じられます。繰り返されるかたちは、自然界の植物などのもつ規則性、シンメトリーでリズミカルな幾何学形態を連想させます。人知を越えた構造と、懐かしい記憶のようなものが存在する作品です。
今展では写真作品20〜30点を中心に展示します。30代の若手作家ですが、見る者を思索へと誘う深い世界をご覧下さい。

メディア

スケジュール

2005年02月01日 ~ 2005年02月26日

アーティスト

宮本武典

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use