poster for 日本におけるダダ展

このイベントは終了しました。

この展覧会は、日本の前衛美術においてめざましい展開を見せた「マヴォ」の時代に光を当てることにあります。「マヴォ」は、9か月間のベルリン滞在を終えて帰国した美術家村山知義が、1923年東京で創設したグループおよび機関誌です。村山が生み出した「構成派 constructionnisme」は、ダダイスムと構成主義を取り入れた彼独自のヴィジョンです。
「マヴォ」は、絵画、活版印刷物、構成物、装飾など数々のハプニング・パフォーマンスを生み出した日本のグループですが、ドイツには「メルツ」という、クルト・シュヴィッタースが創出した作品群があり、メルツ詩、メルツ構成物、プリミティブな音響のソナタ(Ursonate)、メルツ活版印刷といった創作活動が展開されていました。この二つの運動体を出会わせることもこの企画のもう一つの目的です。

メディア

スケジュール

2005年06月01日 ~ 2005年06月18日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use