トランスファー

HIROMI YOSHII FIVE

poster for トランスファー

このイベントは終了しました。

昨年末~本年初頭に同会場で開催され話題を呼んだグループ展「The World is Mine」の企画者であり、本年7月号まで「BT/美術手帖」誌の展覧会レビュー欄を担当していたことでも知られるアーティスト・奥村雄樹。
その実質的な初個展となる本展では、黄色い風船をモチーフとしたスピード感溢れる映像1点をプロジェクション上映します。さまざまな人から集めた爪で作られた小さな球体や、自らのつばをフライパンで焼いた作品など、これまでは身体パーツを使った表現によってこの世界における「物質」の問題にアプローチしてきた奥村ですが、今回は映像というメディアの特性を最大限いかしつつ、「時空」の問題に挑みます。
その手法を劇的にシフトさせた奥村の新たな展開を是非ご高覧ください。

メディア

スケジュール

2005年09月24日 ~ 2005年10月29日

アーティスト

奥村雄樹

Facebook

Reviews

Makoto Hashimoto tablog review

トランスファー

TABlogライターでもある奥村雄樹。彼の代表作品と言えば、「爪」の切れ端や「陰毛」を使ったアクセサリーのような作品、「唾液」を用いた映像作品など、通常美術作品としては利用されえない人体の一部、しかも「きたない」部分を使った作品で知られている。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use