生誕100年記念 三岸節子展

平塚市美術館

poster for 生誕100年記念 三岸節子展

このイベントは終了しました。

洋画家、三岸節子の生誕100年を記念して代表作約90点を紹介します。三岸節子は1905年、愛知県起町(現・一宮市)に生まれ、女子美術学校を卒業し、画家を志します。三岸好太郎の才能にひかれて結婚、夫の早世ののち3人の子供を育てながら女性画家の第一人者として時代の先頭にたち、力強い作品を描きつづけました。59年、49歳で初めて渡仏し、南仏、スペイン、ベニスなどを旅行、あふれるような南国の鮮やかな色彩に心を躍らせます。帰国してからは日本人の絵を描こうと自覚し、軽井沢の山荘にこもって「飛ぶ鳥」シリーズなどを描きます。 68年、本格的に風景画に取り組む決意をして63歳で再び渡仏。カーニュやブルゴーニュにアトリエを構え、以後20年あまりをフランスで過ごします。晩年は大磯において人物なども手がけモティーフの幅をひろげました。

メディア

スケジュール

2005年07月23日 ~ 2005年09月11日

アーティスト

三岸節子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use