青木繁「海の幸」100年

ブリヂストン美術館

poster for 青木繁「海の幸」100年

このイベントは終了しました。

青木繁(1882-1911)は、28歳という短い生涯に数々の優れた作品をのこし、明治浪漫主義美術の代表者として近代日本美術史に大きな足跡をのこした画家です。
とりわけ代表作《海の幸》(1904)は、その神話的な内容の豊かさと親しみやすいモニュメンタリティによってひろく愛されてきました。2004年には、この《海の幸》の制作100年を機に、東京文化財研究所の協力をえて、高精細デジタル画像や赤外線撮影による《海の幸》の光学的調査と青木の故郷福岡県久留米市と制作地である千葉県館山市布良の現地調査が行われました。
本展は、こうした調査の結果を紹介するとともに、《海の幸》および《わだつみのいろこの宮》《大穴牟知命》など、石橋美術館とブリヂストン美術館の所蔵による青木の作品約20点を一堂に展示し、青木芸術を改めて振り返るものです。

メディア

スケジュール

2005年09月17日 ~ 2005年10月10日

アーティスト

青木繁

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use