HASHI(橋村奉臣) 「一瞬の永遠」&「未来の原風景」

東京都写真美術館

poster for HASHI(橋村奉臣) 「一瞬の永遠」&「未来の原風景」

このイベントは終了しました。

ニューヨーク在住の写真家・橋村奉臣は、アメリカで「HASHI」の名で呼ばれ、その驚異的な技法で、アメリカの広告写真界において不動の地位を築き上げました。HASHI(橋村奉臣)展「一瞬の永遠」&「未来の原風景」では、2部構成で橋村の今日までの軌跡、ならびに今後の新たな方向性をご紹介いたします。

橋村は1980年代初めに、超高速のスピードライトで、肉眼では捉え難い瞬間をとらえ、オブジェの移行を永遠の時間のなかに凍結させる技法を「アクション・スティル・ライフ」と名づけ、ニューヨークの広告界で高く評価されました。
「一瞬の永遠」ではニューヨークに渡り、写真家として不動の地位を築いた代表作「アクション・スティル・ライフ」と「スティル・ライフ」から約40点を紹介いたします。
「未来の原風景」では、橋村のオリジナル「HASHIGRAPHY」の作品を約50点厳選し、写真と絵画を融合させた作風の中に、「今から千年後、西暦3000年の未来社会で生活する人々の目に、現代がどう見えるか」という橋村のメッセージを探ります。
写真と共に生き、常に新たな挑戦を続ける写真家・橋村奉臣。人生と芸術に対するあくなき好奇心と情熱、鋭い感性によって、時代を追って深みを増していく作品群を、是非、ご堪能ください。

【Romantic, The Street of Ancient Comedy, Paris -黄昏- 1992年】

メディア

スケジュール

2006年09月16日 ~ 2006年10月29日

アーティスト

橋村奉臣

Facebook

Reviews

Lena Oishi tablog review

Hashi (Yasuomi Hashimura) "An Instant of Eternity" & "Primitive Landscapes of the Future"

The phrase “If you’ve seen one, you’ve seen them all” came to mind when walking through the Yasuomi Hashimura exhibition at the Tokyo Metropolitan Museum of Photography in Ebisu.

fauchon: (2006-10-17 at 02:10)

<固定される瞬間>
*別なところで書いた文章のコピー&ペーストです。写真が載せられなくて残念! 
____________________
秋の午後のちょっと翳った中では
恵比寿の赤レンガがなんとなく札幌を思わせます。
     
夏に見たときはそうでもなかったのですが。
明るい日の下では新しさが目だって、おもちゃめいた感じで。

この建物の横を通って、はじめて東京都写真美術館に来てみました。
     
HASHI[橋村奉臣]展、
『一瞬の永遠』&『未来の原風景』の2部構成です。

『一瞬の永遠』は、パンフレットによると
”超高速のスピードライトで、肉眼では捉え難い瞬間を捉え”たものだそうですが、
スピードライトって何?と思ったら、ストロボのことらしいです。ストロボは商品名なんですって! びっくり。

10万分の1秒という瞬間で切り取ると、
一連の動きからは想像がつかない世界が写し取られるようです。

水やワインが金属のように鋭く見えたり、
熱いアスファルトのように粘りのあるものになったり。

動きの一瞬を写真の中に”固定化”することで、
動きがかえって強く感じられるものもあります。
グラスが砕ける瞬間なんて、とびちる細かいキラキラするかけらに、
ついグラスの気持ちになって(?)痛みまで感じそうです。

『誕生』という作品もおもしろかったな。
最初の写真は静かな、なんの動きもない水面。
次は、横になったワイングラスが少し水面から飛び出しています。
最後の写真は水面の上にグラスが浮いています。
グラスからは水滴が飛び散っています。水面には揺らめく波紋。
波紋はまだ、グラスの形を大雑把に残しています。

作品が大きいんですよ。横幅が120センチくらいはあるんじゃないかしら。
それが壁に立てかけられている薄い木の板に、
駅のポスターみたいに無造作に
大き目のステープラーで綴じ付けられているのです。

展示室を出たコーナーになんと橋村さんご本人がいらして、
来訪者と気軽にお話しているところでびっくり。
私も絵葉書にサインまで頂きました。

     
『Kissing Raspberries』、水面に落下する2個のラズベリー、
1個は着水した瞬間、もう1個は水に一度入って飛び出したところ。
飛び出したラズベリーは、
水と細かい細かい泡とのうすーい層をまとっています。

karl: (2006-10-21 at 07:10)

It was… well manufactured and really ininteresting.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use