「江戸の花火」

太田記念美術館

poster for 「江戸の花火」

このイベントは終了しました。

8月1日の花火の記念日にちなみ、花火を描く浮世絵を一堂にあつめた展覧会を開催いたします。夏の風物詩である花火は、さまざまな浮世絵師によって描かれており、その表現は花火の発展とともに多様な広がりを見せます。
本展は、広重や北斎など浮世絵師たちが工夫を凝らした花火の表現や、花火の歴史を、約60点の浮世絵版画と肉筆画、版本によって楽しみながら知っていただける展覧会です。本物の花火をごらんになる前に、江戸花火の世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。子ども用ワークシート(英訳付)もご用意しておりますので、夏休みのお子さんとごいっしょいただければ幸いです。

[歌川広重、「名所江戸百景 両国花火」]

メディア

スケジュール

2006年08月01日 ~ 2006年08月26日
休館日:8/27 - 8/31

アーティスト

歌川広重葛飾北斎

Facebook

Reviews

KinjoAkihito: (2006-08-15 at 23:08)

 色彩豊かで華やかな江戸の花火、を堪能できる訳ではないです。江戸時代の花火が(燃焼温度が低く炎色反応が利用できないが故に)無彩色に近いことや、展示品の色彩維持のため照明が暗めである事など、理由は多々あるのですが、江戸期の花火そのものの解説をも饒舌に含む展示内容や、微細な解説文は非常に満足度の高いものでした。

pbyjp: (2006-08-27 at 00:08)

A great opportunity to discover the popular scenes accompanying early/mid 18th century fireworks festivals around the Tokyo area, the series of river bank landscapes and close-ups on crowds and boats managed to expose all the little rituals (types of food, drinks, entertainment) happening during the festivities.
I was particularly impressed by efforts made to detail and explain the different types of fireworks, their names, as well as diagrams of their internal organs.
But most surprising were probably the colours. High contrasts and strong hues were replaced by fewer colours, lighter and dominated by a pale red. Were those deliberate choices to picture early evening colours, night scenes lit by single-hue fireworks or something else? I was not able to tell unfortunately, despite the welcome English caption attached to more than half of the prints (bravo!!).
But this was of course refreshing, OTA's shows are always a pleasure, my definite top 5 venues in Tokyo. You cannot go wrong!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use