東郷青児と広告デザイン展

損保ジャパン東郷青児美術館

poster for 東郷青児と広告デザイン展

このイベントは終了しました。

東郷青児は留学中(1921—1928年)の1924、1925年にギャラリー・ラファイエット百貨店のニース支店とパリ本店で装飾美術の仕事をしました。またこの頃、トルストイが周囲の農民たちに自分の小説を読み聞かせ、農民たちが理解できるまで書き直したという新聞記事に感銘を受け、誰にでも理解できる絵画を志したともいわれています。
 帰国後は絵画制作だけでは生活ができず、『新潮』『中央公論』『文学界』などに寄稿して何とか生活を続けました。1930年には読売新聞漫画部員となり『読売サンデー漫画』に漫画作品を発表しています。1933年より安田火災(現損保ジャパン)の前身である東京火災のパンフレットやカレンダーで東郷の作品が採用されるようになり、1963年から1978年まで安田火災の贈答用扇子のデザインを手がけました。
 東京都内では、自由が丘の「モンブラン」、成城・駒込の「アルプス」、渋谷の「フランセ」などの洋菓子店の包装紙をデザインし注目を集めました。また、東郷は、清酒ボトルのデザインや書籍の装丁をするなど、生涯を通じて広い視野の中で活動を続けたといえます。
 本展では、絵画作品の展示に合わせて、東郷が執筆・翻訳した書籍、装丁・挿画を担当した書籍、東郷作品を使用した包装紙、紙袋、風呂敷、扇子、リーフレット、カレンダー、レコード・ジャケット、化粧品、食器(グラス、皿)、オリンピック記念メダルなどを展示し、東郷の幅広い活動の軌跡を御紹介します。

メディア

スケジュール

2005年12月17日 ~ 2006年01月14日

アーティスト

東郷青児

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use