福嶋敬恭 「MIND GARDEN」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 福嶋敬恭 「MIND GARDEN」

このイベントは終了しました。

福嶋敬恭は1960年代から活躍する日本の代表的な彫刻家で、ミニマルで鮮やかな色彩の研ぎ澄まされた幾何学形態が美しい、時代を象徴する作品を数多く制作してきました。1982年にはINAXギャラリーでも個展を開催しています。  
2005年に京都市立芸術大学教授を退任しましたが、続けて宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同研究「宇宙と芸術について」を行い、有人飛行(宇宙環境)における人の心の変容をテーマに制作を行なっています。
今展では、青銅の楕円体の彫刻「MIND OF UNIVERSE」など数点が出現します。これは体験型の作品で、操作することによって音が生まれ、それらの音が共鳴してあたかも教会の鐘が幾重にも鳴り響いているように増幅された複雑な音となります。あるいは草原でホーミーが響き渡るような雄大さ、清清しい音で、人の遠い記憶の底から響いてくるような懐かしさを感じます。
会期中は、観る人それぞれが操作をして音に共鳴、共振し、「知覚の深いところで心と交響し合う、和音とも声ともつかないメッセージ」を受け取って頂けたらと思います。

■ アーティスト・トーク
会場にて、制作のことなど作家ご自身に語っていただきます。
9月1日(金) 18:00~19:00
先着順、入場無料

メディア

スケジュール

2006年09月01日 ~ 2006年09月27日

アーティスト

福嶋敬恭

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use