トーク:「「オープン・クリエイション」 第二部

NTTインターコミュニケーション・センター

このイベントは終了しました。

第二部「創造の未来―メディア・アートを超えて」
技術はそれを創造的に転用するユニークなアーティストによって,文化を創出し社会を豊かにします.そこではネットワーク時代における情報の共有や改変,コラボレーションそしてインタラクションのあり方が批評的直感とともに実践され,公共空間でのプロジェクトやフィジカル・コンピューティングをはじめとした新たな実験やコミュニティを生み出しています.異なるメディアを自由に横断し,個人や空間を超えて開かれはじめた創造の現在と未来についてお話しいただきます.
会場:ICCギャラリーA
定員:400名(当日先着順)

ウスマン・ハック(メディア・アーティスト)
エキソニモ(ハッカー・アート・ユニット)
久保田晃弘(サウンド・アーティスト/多摩美術大学情報デザイン学科教授)
ラファエル・ロサノ=ヘメル(メディア・アーティスト) ※ネット中継による参加
司会:四方幸子(ICC学芸員)

メディア

スケジュール

2006年06月17日 18:00~20:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use