清原啓一 「遊鶏の賦」

渋谷区立松濤美術館

poster for 清原啓一 「遊鶏の賦」

このイベントは終了しました。

清原啓一(1927-)は富山県に生まれ、光風会や日展を主な発表場所として、創作活動を続けてきました。1954年の日展に初めて「鶏」を題材とした作品を出品し、1959年には日展で特選になるなど一貫して「鶏」を描き、確たる評価と名声を得ました。本展は清原啓一の代名詞ともなった鶏のシリーズを中心に、近年力を入れている山岳シリーズや花の作品などを併せ、初期から最新作まで約50余点の代表作で構成し、60年におよぶ画業をたどる集大成ともいえる展覧です。

メディア

スケジュール

2007年04月05日 ~ 2007年05月20日

アーティスト

清原啓一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use