「Great Ukiyoe Masters 春信、歌麿、北斎、広重 - ミネアポリス美術館秘蔵コレクションより」展

渋谷区立松濤美術館

poster for 「Great Ukiyoe Masters 春信、歌麿、北斎、広重 - ミネアポリス美術館秘蔵コレクションより」展

このイベントは終了しました。

アメリカ中西部唯一の総合美術館であるミネアポリス美術館は、日本美術部門でも全米屈指のコレクションを誇ります。クオリティの高さで知られるリチャード・ゲールコレクションを中核とする浮世絵は3000点を数えますが、この展覧会では、作品の質とコンディションの観点から約250点を厳選しました。初公開となる作品も多く含まれるなど、これまで公開されることが少なかったため、その保存状態は極めて良好で、目の肥えた浮世絵ファンも驚かれることでしょう。

- 講演会「浮世絵美人画のツボ」
10月13日(土)14:00〜
講師: 千葉市美術館学芸課長 浅野秀剛氏

- ギャラリートーク
10月19日(金)、11月9日(金) いずれも14:00から
内容: 展示の解説

[画像: 歌川広重「東海道五十三次 庄野」]

メディア

スケジュール

2007年10月02日 ~ 2007年11月25日

Facebook

Reviews

Meighan Ellis tablog review

Viewing the Masters Collectively

The Minneapolis Institute of Arts’ formidable collection of ukiyo-e comes to Tokyo.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use