大野智史 「Physical Tree」

マジカル アートルーム

poster for 大野智史 「Physical Tree」

このイベントは終了しました。

このたびmagicalでは、大野智史の個展を、六本木での最後の展示として開催します。大野智史は、2006年立ち上げ初めの展示『WORM HOLE episode1』で壁にライブペインティングを描き、また平面の作品を展示しました。その後、MAGIC ROOM?で展示、そこで小山登美 夫氏に認められ、すぐに小山登美夫ギャラリーにて個展。さらにアーモリーショーにてソロで展示を行い、最近ではワンダーサイト渋谷での『ritual』展やハワイでの展示など国内外で活躍を続けています。立ち上げ始めのmagicalの壁に最も早く描き始めたので、いわば大野くんからmagicalははじまり、最後も締めとして、里帰りの個展を行う事になりました。
 
ダイナミックなインスタレーションでも知られる大野ですが、今回の個展では、ペインティング中心の展示を考えています。直径180cmの5点のサークルペインティングが出展される予定です。「原生林に行った経験の中での色々な場面を自分の身体の触覚を通して、ドローイングや写真でイメージを出力し、それらの知覚の痕跡をペインティングに凝縮させ、それぞれの場面を象徴的に描こうと思っている」というのが、作家の言葉です。ペインティングだけでもインスタレーションの時の強度を出すことを目標にしています。4階ではペインティングのドローイングや、立体作品なども考えています。

-オープニングレセプション: 1月22日(火)19:00〜
*NASU TARO GALLERY、OTA FINE ARTSと同時開催
-トークショー「今後のマジカル」&ポートフォリオレビュー: 2月1日(金)19:00〜
-六本木コンプレックス全館使ってのクロージングイベント: 2月23日(土)
*詳細、後日magicalのサイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2008年01月22日 ~ 2008年02月23日

アーティスト

大野智史

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use