東松照明 「Tokyo曼陀羅」

東京都写真美術館

poster for 東松照明 「Tokyo曼陀羅」

このイベントは終了しました。

東松照明は1950年代から今日に至るまで、さまざまな作品シリーズを発表し続け、名古屋、東京、沖縄、千葉、長崎と拠点を変えながらつねに日本の写真表現を切り開いてきた、戦後を代表する写真家です。本展「Tokyo曼陀羅」は、「長崎マンダラ」(長崎県立博物館・2000年)、「沖縄マンダラ」(浦添市美術館・2002年)、「京まんだら」(京都国立近代美術館・2003年)、「愛知曼陀羅」(愛知県美術館・2006年)と、撮影拠点をキーワードに個別のテーマ性や時代性を解体して再構成する「曼陀羅」シリーズの最後に位置するものとなります。作品としては、20代から60代まで、東京を拠点として千葉、神奈川など関東一円で撮影された作品「占領」、「アスファルト」、「I am a King」や「新宿」、「プラスチックス」、「インターフェイス」など、東松の写真世界を代表する著名なシリーズに加えて、同時期、やはり東京を拠点に各地での取材撮影でとらえた「恐山」や「桜」など重要なシリーズも展示いたします。また、今回あらたにネガにまで遡って選び出された未発表作品を含め、当館のコレクションと新たにインクジェット・プリントで制作したものを合わせ、約300点で構成。それらの作品からは、日本を見つめ、日常と一体となりながら写真との関係性を表現し続ける写真家・東松照明のまなざしの原点と現在が浮かび上がるに違いありません。ぜひ、この機会にご鑑賞ください。

メディア

スケジュール

2007年10月27日 ~ 2007年12月16日

アーティスト

東松照明

Facebook

Reviews

yourboringandpatheticart: (2007-12-14 at 23:12)

This was a great show in spite of the curators and bad installation. The works seen were crammed in to too small of a venue- GOTTA CHARGE FOR EVERY DAMN FLOOR!!
The works of this master show a uniquely Japanese talent experimenting with forms and images in a host of fresh and current methods. I spied 2 pieces from the 60's that were pre-Tomaselli pieces but equally interesting. His Color works rival the accomplishments of Eggleston and a few other artists from the West who for the time being have eclipsed this great talent. The works deserved a proper venue and proper accolades for their accomplishment and continued and often successful re-invention of his thinking and vision practices. This was a superb selection of the work, but it was too cramped to view and absorb. Great choice, now they need to repeat with selecting better photographers.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use