「VIVO」展

写大ギャラリー

poster for 「VIVO」展

このイベントは終了しました。

1959年、『10人の眼』展への参加をきっかけに、若い写真家6人によるセルフ・エージェンシー『VIVO』が設立された。VIVOとはエスペラント語で“生命”を意味する。メンバーは川田喜久治、佐藤明、丹野章、東松照明、奈良原一高、細江英公である。目的は写真家自らの経済的利益と創作上の環境整備であり、お互い独自の表現を尊重し、独創性、創造性を最も重視する写真家共同体であった。

戦後日本の写真は、報道写真が主流をなし、 1950年に入って土門拳、木村伊兵衛らによって「リアリズム写真運動」が展開される。1950年代後半から前述の『10人の眼』展を契機として、より私性をこめた表現活動が展開されていく。この6人の写真家は、ユニークで衝撃的な作品を通して、日本写真界に新風を巻き起こし評価を得ていく。VIVOは1961年解散するが、僅か2年間で日本の写真表現に多大な影響を及ぼした集団として、日本現代写真の流れの中で、いまなお重要な位置をしめている。

今回写大ギャラリーでは、26年ぶりに『VIVO展』を新たな構成で企画した。出展する作品はVIVO当時のもの、或いはそれに極く近い時点での制作である。展示作品は、川田喜久治『地図』、佐藤明『冷たいサンセット』『サイクロピアン』他、丹野章『サーカス』『アーティスト』、東松照明『NAGASAKI』、奈良原一高『王国1、2』、細江英公『おとこと女』『薔薇刑』のシリーズから構成している。モノクローム・プリント 48点。

ギャラリートーク:7月7日(土) 14:00~16:00 (入場無料)  講演/川田喜久治、細江英公、福島辰夫(写真評論家)

【画像:「おとこと女」1960年 ©細江英公】

メディア

スケジュール

2007年06月12日 ~ 2007年07月31日

Facebook

Reviews

Olivier Krischer tablog review

Vivo: Photography from 1960s Japan

Sometimes it’s better to admit you don’t know. Just what, or who was 'Vivo'…and why did they seem to be mentioned everywhere?

Bunmei Shirabe tablog review

写大ギャラリー「VIVO」展

川田喜久治、佐藤明、丹野章、東松照明、奈良原一高、細江英公…。

ramarama: (2007-06-26 at 17:06)

今回特に見られてよかったと思う作品:

 奈良原一高『王国1、2』
 佐藤明『冷たいサンセット』『サイクロピアン』
 細江英公『おとこと女』

写真でドキドキするのは久しぶりだ!

http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/2007/06/vivo_36a4.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use