「"TOKYO" マグナムが撮った東京」展

東京都写真美術館

poster for 「"TOKYO" マグナムが撮った東京」展

このイベントは終了しました。

マグナム・フォトは、1947年、ロバート・キャパ(ハンガリー)の発案で、アンリ・カルティエ=ブレッソン(フランス)、ジョージ・ロジャー(イギリス)、 デビッド・シーモア“シム”(ポーランド)らが創設したフォトジャーナリストの集団です。「マグナム」の名は、シャンペンの大瓶に由来するといわれています。写真家の権利と自由を守り、 主張することを目的として、現在では約50名のメンバーが、ドキュメンタリーだけでなく、コマーシャル、ファッション、コーポレイトなど様々な分野でグローバルな活動を続けています。 本展は創立60周年記念展として、戦後日本を訪れた数多くのマグナム・フォトの写真家たちによって、「東京」というメガシティがいかに写し撮られてきたかを、1950年代から2005年までのモノクロ、 カラーによる約150点の写真作品と映像作品で展開いたします。

【画像:創立者のロバート・キャパとデビッド・シーモア 撮影:アンリ・カルティエ=ブレッソン (c)Magnum Photos Tokyo】

メディア

スケジュール

2007年03月10日 ~ 2007年05月06日

Facebook

Reviews

Meg Kaizu tablog review

Tokyo's many faces - as seen by Magnum Photographers

The photographs on display in this exhibition are a valuable documentation of Tokyo’s history, capturing the meaning in moments of a continually changing reality; it is a kaleidoscopic collection of post-war Japan from the 1950s up to the new millennium.

donald_japantimes: (2007-03-29 at 18:03)

Sixty years of Magnum's Tokyo
Renowned agency celebrates long relationship with Japan
By Manami Okazaki
Special to The Japan Times

Coming from Magnum, expectations for the exhibition will be high, and given time, they are paid off. While at first the photographs slip easily into what one expects to see of Tokyo, as a whole they become a broad and comprehensive representation of a city in flux and of a photo agency in transformation with it ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070329a1.html

jasong: (2007-03-29 at 22:03)

Definitely worth seeing, especially for the earlier period (50s-60s) work. The energy captured in the anti-war and anti-Narita Airport riots is amazing. One can only think "Where has that Japan vanished to?"

patty: (2007-03-31 at 20:03)

Completely agree that this should be on a "to see" list.
Great depiction of the progression from 50s
and 60s to the futurstic artchicture and color of the 90s and 2000s.

datigz: (2007-04-28 at 23:04)

While I found myself saying, "yes, that is Tokyo" to many of the pictures, I was disappointed with this exhibit. I was much more impressed with the History of Pioneers in Japanese Photography exhibit (in the same museum).

taiqi: (2007-04-30 at 23:04)

時系列順に展示されています。50、60年代の写真は、見つめているといろんな感情が溢れてきて、言葉にするのが難しい新しい発見がありました。

http://witman.vox.com/library/post/tokyo-%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%8C%E6%92%AE%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%9D%B1%E4%BA%AC.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use