Gino Rubert 「True Blues」

ミヅマ・アクション

poster for Gino Rubert 「True Blues」

このイベントは終了しました。

Gino の作品には “Joi de vivre”(生きるよろこび)と同様に、カニバリズム、恐怖、またそれら全てを包含するアイロニーの要素が存在しています。また、作品中の女性達はステレオタイプなファムファタル像を超越しています。彼女達は男性を支配する恐怖の存在として描かれていることから、女性をヒステリックな社会的不適合者であると見なした過去から現在に至るまで、特定の男性が攻撃し続けてきた女性に対する恐怖を集約しているともいえるでしょう。男性が優勢であった時代の風貌をしたこの男性達は、女性の強さとその性に心を奪われているようにも見えます。

アーティストトーク
美術ジャーナリスト名古屋覚氏をお招きして、アーティストトークを開催いたします。
7月27日(金)19:00− ミヅマ・アクション(5F)
入場料: 500円(1ドリンクつき)

オープニングレセプション:7月18日(水)18:00-20:00

[画像:「Open hands」2007, 73 x 60cm, Mixed media on canvas]

メディア

スケジュール

2007年07月18日 ~ 2007年08月11日

アーティスト

Gino Rubert

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use