「タナカカツキの太郎ビーム!」展

岡本太郎記念館

poster for 「タナカカツキの太郎ビーム!」展

このイベントは終了しました。

新しい記念館をつくる取り組みをはじめました。第一段はゲストキュレーターによる企画展のシリーズ。岡本太郎を語るに相応しい方々に企画展示のキュレーションをお願いし、自由に太郎と遊んでもらうのです。初回の椹木野衣、前回の和多利浩一に続いて、シリーズ最後を締めくくるのは、太郎と敏子を最もよく知る男・山下裕二。著書『岡本太郎宣言』で世間を騒がせた当代随一の美術史家が仕掛けるのは、独自の美意識で新たな表現世界を切り拓く孤高のアーティスト・タナカカツキと太郎とのコラボレーションです。文字通り、太郎とカツキとの「合作」が実現しました。

【会期中イベントの予定】
・タナカカツキのライブペインティング: 5月2、3、4日 13:30(予定)
・山下裕二×タナカカツキ トークライブ: 6月7日 19:00(予定)
詳細は決定次第、 美術館HP上でお知らせしていきます。

メディア

スケジュール

2007年04月26日 ~ 2007年07月29日
5月1日(火)は開館

アーティスト

岡本太郎タナカカツキ

Facebook

Reviews

ts_aya: (2007-06-19 at 13:06)

タナカカツキさんがやばいくらいハッピーなビームを出しています。
いつ見てもあの人の映像は幸福感で泣きそうになる。
岡本太郎のビリビリするような表現が少し和らぐので、今まで岡本太郎に触れてない人にもとっつきやすく気持ちのいい展示です。でもとてもエネルギーがある。
タナカカツキさんのライブペインティングも見ました。
大サービスな素敵お兄さんでした。
展示が気に入った方はトン子ちゃんも読んでみてください。
うち震える漫画です。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use