「石はきれい、石は不思議 -津軽・石の旅-」展

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 「石はきれい、石は不思議 -津軽・石の旅-」展

このイベントは終了しました。

一面真っ白な雪景色が似合う津軽地方。そのイメージからは想像できないほど色とりどりの石ころたちに出会う。シマシマ、ブツブツ模様など表面の表情や形も多様だ。手のひらにのせて握る心地よさを感じながら、あっという間に石拾いに夢中になってしまう。この地方は、錦模様の石、さまざまな色や模様の玉髄が見つかることで知られ、それらに魅せられた人々の歴史は縄文時代にまでさかのぼる。津軽は日本でも有数の美しい石の宝庫だ。いったいなぜこの津軽半島にそれほどの美しい石が存在するのだろうか。人類よりもはるかに長い時を経て地表にあらわれた石。そのダイナミックな成り立ちと、中に閉じ込められた小宇宙の神秘に想像を掻きたてられる。

本企画では、海辺、川原などで静かに個性を輝かせる多様な石たち、そして、津軽の地で長年にわたる石拾いの達人らによる石コレクションをとおして津軽の石の魅力に迫りながら、古来より人々が託してきた石への想いや石を拾うことの楽しみといった石と人との関わりやその成り立ちなどさまざまな視点から石の世界を巡る。

メディア

スケジュール

2007年09月06日 ~ 2007年11月24日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use