poster for 小杉小二郎 展

このイベントは終了しました。

小杉小二郎氏は1944年、東京・滝野川(現在の北区田端)に生まれました(父は美術史家の小杉一雄、祖父は画家の小杉放菴)。叔父・小杉二郎の影響を受け、大学卒業後はインダストリアルデザインの道に進みますが画家に転向、1968年に画家・中川一政の知遇を得て中川のアトリエに通い始めました。1970年に渡仏、パリのアカデミー・グランド・シュミエールで学び、1971年からフランスのサロン・ドートンヌに出品しています。1974年には最初の個展を日本で開催、以降フランスと日本を拠点に制作・発表を続けています。風景や花・玩具などを穏やかな形態と温かみのある色彩で描いた幻想的な油彩画の他、近年では岩彩を用いた作品や連作「聖書物語」に代表される装飾性の高い作品、ユーモラスなオブジェにも取り組んでいます。

本展覧会では受賞作をはじめ、初期の作品から新作まで60余作品を展示し、小杉小二郎氏の画業を展望いたします。

[画像: 「月・追憶」(2005) 油彩・キャンヴァス]

メディア

スケジュール

2008年01月12日 ~ 2008年02月17日

アーティスト

小杉小二郎

Facebook

Reviews

bazzy: (2008-02-08 at 15:02)

はじめて拝見しました。
東郷青児美術館も初めてでした。

平日昼間だったからか混んでおらず、ひとつひとつの作品をゆっくり観ることができました。

オブジェの作品が遊び心満載でよかったです。
絵をみた印象(どれもしんとした感じで、みてるとちょっとトリップしたような気持ちになりました)とはまた違う雰囲気がありました。
特に「ヤンキースにMATSUIを観に行こう」のカラフルさ、楽しさ、ラフさにグっときました。あと、アルミのハニカム板(?)を使った一連の作品もおもしろかったです。

http://www.yayoigallery.com/past-exhibit/detail/05-kosugui/05-kosugui.htm

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use