ユトリロ 「モンマルトルの詩情」

千葉県立美術館

poster for ユトリロ 「モンマルトルの詩情」

このイベントは終了しました。

パリの街並みを詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ(1883~1955)は、わが国で最も人気のある画家のひとりです。母である画家シュザンヌ=ヴァラドンの愛情を受けることなく、孤独とアルコールに苛まれた少年期を送り、絶望や苦悩から自らを解放するためキャンバスに向かい、静謐で哀愁の漂うパリの情景を自身の純粋な視点で描き続けました。本展では、ユトリロが生涯に残した膨大な作品の中から、1909年頃から15年頃の「白の時代」と呼ばれる初期から、晩年までの作品(日本初公開作品 30数点を含む)と、パレット、筆、関係写真などの資料を紹介し、19世紀初頭、多くの画家が活躍した全盛期のパリで時を同じくして花咲き、孤独の中に結実したユトリロの画業を回顧します。

☆美術講演会 「ユトリロの魅力-モンマルトルとパリの情景-」
◆日 時…7月21日(土)、13:30~  
◆講 師…ブリヂストン美術館館長 島田紀夫氏
※入場無料です。当日先着順受付ですので、直接会場にお越しください。

☆ワークショップ 「ユトリロであーと」(1)(2)
◆日 時…(1)8月11日(土) (2)8月12日(日)、13:00~15:00
◆参加費………1000円
ユトリロの描いた世界をテーマにした色彩構成の創作体験を行います。
☆往復はがきで予約が必要です。締切日は7月26日です。
◆往復はがきに、参加希望ワークショップ名、住所、氏名(複数名の申込可)、電話番号、学校名、学年を記入のうえ、下記 あてにご応募ください。定員を超えた場合は抽選となります。
〒260-0024 千葉市中央区中央港1-10-1 千葉県立美術館ワークショップ係
問い合わせ先  普及課 043-242-8311
※なお、小学生の参加は保護者同伴となります。

【画像:《モンマルトル》1938年】

メディア

スケジュール

2007年07月14日 ~ 2007年08月26日
毎週金曜日は18:00まで開館。

アーティスト

モーリス・ユトリロ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use